31’s Cafe

カテゴリ:cinema( 76 )




DVD 告白   ★★★★★

b0012252_1113432.jpg


本当に背筋が凍る。
始まって30分のオープニング。
松たか子演じる中学教師の6歳の娘が殺害された。
この事件の犯人をホームルームの時間に発表する。
犯人はクラスの男子生徒2名。
そして、その2名に対しての彼女からの制裁。

物語は息つく暇の無い展開で最後まで流れていく。
そしてラストは衝撃。

大切なものが消える音。
それはパチン。
ではなく、ドカーン。

松たか子の演技が怖い。
よく、これ了承しちゃったな。って感じ。
そしてこの人じゃなきゃできない。
重みと、冷静なまでの狂気と、娘の深い深い気持ち愛情。
そして犯人への復習心。
木村佳乃の壊れた母親も見ごたえ有り。

この監督すごい。
この映画すごい。
このストーリーすごすぎる。

これ以上解説したくないので。
絶対、絶対。
まだ見てない人には見て欲しい。
強烈におススメする一本です。
[PR]



by kawo_ringo | 2011-02-06 11:13 | cinema

プリンセスと魔法のキス

b0012252_15462691.jpg


春休み相変わらず予定の無い我が家。
あやっちのためにママが用意したプランは・・・
ディズニーアニメの『プリンセスと魔法のキス』です。
幼稚園のお友達と一緒に行く予定~。
前売り券購入で、プリンセスの鏡ストラップをGET!!
練習帰りの場違いな格好で前日ギリギリ買いに走ってくれたパパ様に感謝。
楽しんで来なくちゃね~。

え?
パパ??
そういや、予定聞いてないなぁ・・・
そんな訳で春休みもチーム女子で活動予定で~す(笑)
[PR]



by kawo_ringo | 2010-03-13 15:45 | cinema

オーシャンズ  ★★★★

b0012252_0531029.jpg


今年初の映画はオーシャンズでした!
公開翌日に張り切って家族全員でお出かけ・・・。
そう、そうなんです。
預け先がこの日はなく。
子供500円だったこともあり、映画館子供多いでしょ。
っとタカをくくって一家総出。
ひなたん1歳4ヶ月にして映画デビューとなりました。
まぁ、ストーリーないですしね。
後半案の定途中退場はありましたが・・・。

期待通りの大海原で起こる海の物語に単純ながら感動。
自然ってすごい。
ただ・ただ・この世界が人間だけのものではないことが
良く分かる。

全世界50か所の海を、4年間かけて高性能機材で撮影した映像。
そのうち映画で使用されたのは選び抜かれた0.35%のシーンのみ。
この時点でどれだけ選りすぐりの映像なのかが分かりますね。

圧巻の大嵐のシーンもスクリーンで見れたし。
(どうして転覆しないのぐらいの大嵐。見るとびっくりします)
大変、満足でした。

ちなみに日本人で唯一のカメラマン奥村康さんは新潟育ちとのこと。
佐渡沖で撮った海水魚「コブダイ」も登場します。

壁掛けテレビで映像を流し続けたら一枚の絵をずっと見続けている
気分になりそう。
そんな映画でした。
[PR]



by kawo_ringo | 2010-02-24 01:00 | cinema

20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗 ★★★★


b0012252_23525672.jpg


見ました。
こちらも遅くなりまして・・・。

感想。
最高にして、最強の出来栄えなのでは・・・。
そして原作を読まなければ絶対に理解不能だと思われ・・・。
つまり原作を見ていなければ100%楽しむことはできません。

古田新太のハロハロ音頭にまたしても吹きだし。
敷島教授でもう一笑い。
ケンジの歌では予想外に感動すら覚えました。

もう、終わってしまうんだなぁと寂しさを感じる最終章。
おもしろかった。
おもしろかった。

しばらくこんな楽しいマンガにはお目にかかれない気がします。
そしてここまでリアリティを追求した映画版には拍手を贈りたいです。


b0012252_23595198.jpg

[PR]



by kawo_ringo | 2009-10-22 23:58 | cinema

ボルト   ★★★★★

b0012252_23242959.jpg


映画の日に合わせて。
ディズニーアニメのボルト見てきました!

びっくりしたことに映画の日、1,000円のつもりが3Dアニメは別とのことで・・・
親子で3,400円。ドリンク&フードを加えると4,000円がぶっとび(←なつかしい言葉だ。)
3Dサングラスを掛ける前から軽く立ちくらみを覚えた母ですが。
なんの、なんの。
始まってみるとボルトは超かわいいし。
声優(子連れなのでもちろん吹替えです)の佐々木蔵之介 も江角マキコも見事な
キャスティングという感じではまっている。
ストーリーも子供向けだけど大人も共感できる。
ポップな絵と音楽もぴったり。
思わず感動しちゃったぐらいにして。
あらあら意外といいわねぇーなんて思っていたら。
となりの席の綾乃は号泣でした。
どこまで感受性強いんじゃ!!
っていうくらいオエオエ泣いてまして。
かなり恥ずかしい。
あやっち、ここ、家じゃないよ・・・みたいな。
エンドロールまで延々泣いてました。
4歳児も大変おもしろかった様子。
3Dも期待していた以上に飛び出ていて、目が疲れそうとか、3D?!なんで今さら?
みたいな(昔の赤と青のサングラスのイメージが強い)と思っていましたが。
とっても良かったッス。
見る価値は大いにあります。
だってDVDになったらこれって飛び出ない気がするんですけど。
どうなんでしょ??
ちなみに我が家はDVDもたぶん買っちゃう気がします。
だって、ボルト超かわいいだもん。
犬、飼ったことないんだけど、ワンコ~~~~LOVEと思える。
そんな作品でしたよ。
高いけど(←まだ、言っている)とってもおススメです!!




おまけ。
映画と言えばポップコーン。
今回ももちろんあやっちに買わされました。
入場口にてチケットをもぎってもらって、一番奥の8番スクリーンへ進む私たち親子。
綾乃の後ろを歩きつつ番宣広告を眺めるママ。
ポップコーンをこっそり歩き食べ・・・。
の、つもりがうっかり2・3個こぼしちゃった!!
「あちゃーっ」と思ったところで。
あやっちが一言。
「こぼしちゃダメでしょ~!歩き食べもダメだし!!」
ママは思わず「す。すみません。。。」と平謝り。
ていうか、「だし」って(笑)
なんか子供ってほんと親の口癖まんまうつりますね。
4歳児で「だし」って。
ていうか、ワタシ、「だし」って言ってますか~??(爆)
[PR]



by kawo_ringo | 2009-08-01 23:23 | cinema

お買い物中毒な私! CONFESSIONS OF A SHOPAHOLIC ★★★★

世界的ベストセラーとなったソフィー・キンセラ原作の「レベッカのお買いもの日記1」&
「レベッカのお買いもの日記2 NYでハッスル編」を「ベスト・フレンズ・ウェディング」の
P・J・ホーガンが監督したロマンティック・コメディ。
キラキラ・ピカピカが大好きな女子にはたまらない世界観。

もちろんありえないシンデレラストーリーなんですけどね。
私としては主人公の仕事に対する姿勢がちょっと共感できなかったけど・・・。
(根がまじめなもので・・・笑)
買い物中毒な点はとっても共感できましたよ。
ええ、もちろん。

身につまされる・・・凍結した(←本当にカードを氷で固めている)資金を解凍するあたり。
(このシーンまったく同じような作品見たことあるけど思い出せない~!
どなたか知ってたら教えて!!)

お買い物中毒同士のセラピーで買い物について恍惚と全員が語り始めるあたりは
たまりませんね、もちろん私もちょっとよだれ垂らしそうになったもん。
↑おいおい・・・。ほんと自分自身中毒だなぁと思いましたね。

衣装は、「セックス・アンド・ザ・シティ」のスタイリスト:パトリシア・フィールドが担当。
なんとお洋服の1/3がTOKYOものとのこと。
最先端のNY&TOKYOのコラボファッションが楽しめまする。
SO CUTE!!
たまりません☆

この作品後から気付いたら「コヨーテアグリー」のジェリー・ブラッカイマーがプロデュース
でした。
うわ、懐かしい。
どうりで。
お買い物して手に入れるよりも大切なものがある。
それが主題ですけど、やっぱりかわいい衣装には目を奪われますね。
いろんな意味で女子必見な作品!

*SHOPAHOLICという言葉を初めて知りました。
そうよね、中毒だもんね。病気だよね。
作中ではGoogleした・・・?みたいに訳されていたけど、やっぱり英語でも
「ぐぐる」に近い言葉があるのかな??


b0012252_16132868.jpg
[PR]



by kawo_ringo | 2009-06-11 16:13 | cinema

1日は映画day。

b0012252_10424093.jpg


お買い物中毒なわたし --Confessions of a Shopahoric--
見てきました~!!
[PR]



by kawo_ringo | 2009-06-02 10:42 | cinema

20世紀少年 -第2章-最後の希望 ★★★★

ジャガジャーン♪
ッチャッチャラーチャーララーラー♪♪

と、映画館を出てからもT・レックス「20thセンチュリー・ボーイ」を思わず
口ずさんでしまう。

いや、波春夫(古田新太)のハロハロ音頭ぢゃないですよ(爆)

もう。
キャストが楽しすぎて。
出てくる登場人物達に笑いまくり。

コイズミもコミックのまんまの表情で。
似すぎてて怖いくらい。

小池栄子の高須も怖い~。
似てる~~~。

そしてユースケのサダキヨ。
小学生の体にアノ顔。
思わず映画館の席で腰がひけた。

マルオの石ちゃんもまんまだし!!
オッチョ=ショーグンの豊川悦司もカッコよすぎる。
ほんと、何も言うことがないっす。
それくらい大満足。

ストーリーをうまい具合に原作に沿うように無理くり合わせて
いる点も最後の復活のシーンを見たら文句なし。
一緒にウォーってひとさし指掲げちゃいますから。
そしてともだち暦のはじまり・・・第三章へ。

<2009年8月29日公開>


早く続きが見たい。
どういうオチにするのか。
原作通りの正体の「ともだち」なのか?
監督の力量が問われますね。

しっかし、漫画を見てない人にはまったく意味不明だろうなぁ。

*映画の評価とかじゃなくて・・・
単純にあの原作をここまでリアルに見せてくれていることに
感動すら覚える。



b0012252_0223674.jpg
[PR]



by kawo_ringo | 2009-03-17 00:22 | cinema

おくりびと ★★★★

さすが・・・。

という感想は映画もさることながら映画館の人の入りがスゴイ!
概ね60歳台前後・・・ていうかめっちゃお年よりもいらっしゃる。
平日の午前中という時間帯が故か?

内容はもちろんアカデミー賞を取っただけあって、
ユーモラスあり、そして泣けるシーンあり。
分かり易すぎるけど。
文句のない映画。

何と言っても主演のモックンの所作が美しい。
通常は退屈なエンドロールのバックで納棺師の見事な手さばきが
見れます。

死とは次の生へと繋がる旅立ち。
あの世への『門』。
バイバイだけど、また逢える。

こういったアジア的な考えと思えるものが受入れられたのは意外。
しかしながら死生観という意味では世界共通と言えるのかもしれない。

脇を固める山崎勉が何より素晴らしい演技。
塩で炙った白子のあたり最高。
余貴美子もやはり味がある。
最強な2人に固められて主演もさぞかし楽しく演技できたことでしょう。
納棺師という職業の映画をここまで大衆に見せることができたのは、
この映画を作った人たちの地道な努力の賜物なのだと思う。



b0012252_23521279.jpg
[PR]



by kawo_ringo | 2009-03-16 23:51 | cinema

グーグーだって猫である    ★★★

小泉今日子主演。
ねこのお話。
という訳で、第二子予定日なのに映画見てきちゃいました。
ほのぼの~な映画。
吉祥寺という町の設定と言い。
キャスト、上野樹里・森山中・加瀬亮と言い。
かなりのんびり、ほんわか、いい感じでした。
個人的には解散してこれで芸能界引退らしい平川地一丁目の直ちゃん
(林直次郎)が良かったなぁー。
(大きくなったねー。というおばはん的な目線ですが。)

お話は、漫画家と猫の生活。
その日常。
そのまわりの人々のお話。
癒し系。

なんと言っても猫好きにはたまらない。
かわえー猫の様子がわんさか。
家では飼えないけど、一緒になって初めての散歩についていくような
ドキドキ感が味わえる。
にゃんこと一緒の生活は毎日こんな感じなのかなぁー。
幸せだにゃーという気持ちが疑似体験できる。

時間とお金に余裕のある時にみたい作品。
(注:ぼんびーな時に見たら金返せ!と思ってしまいそう。。。)



b0012252_11105947.jpg

[PR]



by kawo_ringo | 2008-09-10 11:11 | cinema

日替わりでカフェメニューを楽しむような・・・
by kawo_ringo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31



【profile】
36歳 NIIGATA-city 在住
会社員 旦那sama 1人
長女8歳、次女4歳

好きなことば
「思いわずらうことなく
愉しく
生きよ」

【おススメ記事】
過去に評判の良かった記事を集めてみました。

大正ロマン
誕生編
I have a dream!
世界の中心で綾乃が叫ぶ
Children Learn What They Live
離乳食cafe
東京タワー
iPodminiを車で聞こう




フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ダイハード4.0
from M's Weblog
大停電の夜に Until..
from 映画!That' s ent..
突発性 湿疹
from 湿疹|湿疹図書館
【番外編:博多】稚加榮の..
from 東京の美味しいグルメ
「東京タワー」
from 月灯りの舞
「東京タワー」
from 共通テーマ
イン・ハー・シューズ
from toe鐚€疂nematicl..
思いわずらうことなく愉し..
from 書庫  ~30代、女の本棚~
イン・ハー・シューズ
from 八ちゃんの日常空間
In Her Shoes..
from Rusty's Cinema..

ファン

ブログジャンル

画像一覧